付き合いのない相続人が居る場合どうする?

姫路/松元司法書士

付き合いのない相続人が居ることが判明した時、その時あなたはどうする?

戸籍謄本を色々な役場から取り寄せて、相続調査の結果、

  • 付き合いのない相続人が居ることが判明した場合、あなたはどうしますか?

私の経験からすると、大体のケースで、一旦ここで棚上げ、一息つこうそういう方が普通だと思われます。

確かに、それはそれでいいと思いますが、ずっとそのまま一息どころか、数年~数十年そのまま眠らせてしまっていらっしゃる方も多いと思います。

  • 問題になりそうなことを、わざわざつついて、起こすよりもそのままずっとそれで良いという考えだと思います。

でもそのままでいいのでしょうか?

確かに価値の少ない土地建物なら、それでも問題ないのかもしれません。

でも、都会であったり、地方でも中心部のわりと資産価値の高いところであるならば、そういうわけにもいかないでしょう

大体のケースにおいて、知らない付き合いのない相続人と関わると、もめると良くないのでそのままにしているケースが多くあって、そうしてそれが数十年が経過して

その付き合いのない相続人が死亡されて、更にそれに相続が発生してややこしくなるというケースが結構よくあります。

そうなる前に、相続人調査をしたこの現段階において、手紙でファーストコンタクトをとることを強くお勧めします。

そういうケースに備えて、

姫路の松元司法書士事務所では、

相続人がご自身で丁寧なファーストコンタクトをとる為のお手紙フォーマット(定型文)を用意しております。

是非ご安心して、ご相談下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA