姫路/松元司法書士

  • 相続登記については、基本6万円〜。(以下全て税抜き)(相続人が3人程度)、実際に戸籍謄本を取りよせてみないと分からない部分があります。一般的な場合のみの報酬を記載しています。ご容赦くださいませ。全国から依頼が可能
  • 上記の基本報酬の中には、戸籍謄本取得費用、登記申請代理費用、固定資産税名寄せ台帳費用、評価証明書取得費が含まれます。
  • 上記の登記所費用以外に、遺産分割協議書作成(基本作成費1~2万円難易度により多少違いあり)が必要です。
  • 不動産は、2つまでで、3つ目以降は5000円が加算されます。
  • 管轄違いの法務局に登記をする場合は、2件目以降5000円~20000円が加算されることがあります。
  • 戸籍、住民票、評価証明などの取得費は上記に含まれますが、郵送料など実費は加算されます。
  • 相続人の中に、行方不明者、未成年者、外国人、数次相続、付き合いのない相続人が居られる案件、等の状態が確認される場合には、別途ご相談下さい。
  • 預貯金の解約等、相続に発生する全ての処理(遺産承継業務)をご希望の場合は、基本報酬25万円~です。(遺産承継業務とは?
  • 銀行預金名義変更1行3万円~(預貯金解約が出来ない等、時間がない人向け)
  • 相続放棄3万円、3カ月超え4万円(全国同一価格・フルサポートです)
  • 上記相続登記には、不動産評価額×0.4%の登録免許税が必要ですが、これは国に収める税金であり報酬ではありません。
  • 遺贈の場合の登録免許税は×2% 遺贈:遺言書にて記載された贈与税の一種(相続人でない第三者への不動産の遺贈に課税)
  • もめてしまった場合の遺産分割調停申し立て書作成 15万円~ (裁判所への出頭はご自身でする必要あり)もめてしまった場合の処理がこの手続き費用です。遺産分割調停という国のシステムを使い、問題を解決出来ます。(裁判所には調停員がおりますので、もめた相手側と直接顔を合わせることはありません。調停が成立しなければ通常は訴訟に移行します。)
松元司法書士

極めて低廉な費用とさせて頂いております。

これが、銀行や窓口サイトなどに依頼すると、

少なく見積もって30~50万、高くて100万程度かかる費用が、

上記価格表のような低廉な費用で済むというのが、

私ども

最終処理事業者である司法書士事務所のメリットです。

是非お気軽にご相談ください。